教育費の準備への不安…実際、教育資金がどのくらい必要なのか?

矢印矢印矢印 全国1200店舗から… 矢印矢印矢印 ご近所保険ショップ検索


日、ソニー生命保険が、大学生以下の子供がいる20~69歳の男女1000名に対し、「子どもの教育資金と学資保険に関する調査」を実施した集計結果を公開しました。調査の結果、子どもの将来の教育資金については8割以上が「不安を感じる」と回答し、教育資金に不安を感じる理由の1位は「教育資金がどのくらい必要となるか分からない」という答えだそうです。

文科省の資産によると、幼稚園から高校までの15年間全て私立に通った場合、学習費合計額は1677万円なのに対し、全て公立だと500万円で、3.4倍もの差が出てしまう可能性があるそうです。

教育資金の準備方法として、ソニー生命保険の調査の中で高校生以下の子どもの親からの回答で最も多かったのは「学資保険」と「銀行預金」。学資保険は、その多くが払った保険料より多く戻ってくるといううたい文句で販売されていますが、「元本割れ」になってしまう場合もあるので注意が必要です。学資保険にしても預金にしても、教育費の貯蓄は計画的に、そして家計全体のバランスを考慮することが大切です。ファイナンシャル・プランナー/FPなどの保険のプロのアドバイスを受けて、保障と貯蓄のバランスを見ながら生命保険や学資保険をうまく利用して、教育費を準備するのがおすすめです。

 子どもの教育資金と学資保険に関する調査(ソニー生命保険)

 

 私の「保険見直し無料相談サービス」での見直し体験談・口コミ公開中!

(サラリーマン40代・ファミリー世帯・子供5人)が、保険見直し無料相談サービスで、ファイナンシャル・プランナー/FPに、保険の見直しを相談した時の内容の音声を公開中♪ 体験談・口コミとして保険の見直しのご参考にしてください!

「保険見直し無料相談サービス」見 直し体験談
矢印 矢印 矢印 矢印 矢印
保険見直し体験の音声


おすすめ 生命保険の比較

 おすすめ 生命保険の比較


 人気生命保険見直しサービスの比較・口コミ
 人気保険ショップの比較・口コミ
 おすすめ 医療保険の比較 ベスト3
 おすすめ 終身保険の比較 ベスト3
 おすすめ 定期保険の比較 ベスト3
 おすすめ 収入保障保険の比較 ベスト3
 おすすめ がん保険の比較 ベスト3
 おすすめ 学資保険の比較 ベスト3
 おすすめ 個人年金保険の比較 ベスト3
 おすすめ 就業不能保険の比較 ベスト3