同じ種類・同額の保険金の生命保険で保険料を比較すると?

矢印矢印矢印 全国1200店舗から… 矢印矢印矢印 ご近所保険ショップ検索


じ種類の保険で保険金が同じでも、保険会社が違うと保険料が違うのはなぜなんでしょうか? なぜかは、一般的になかなか開示されません。 実際に、同種・同額保険金の定期保険で比較すると、ネット系の生命保険会社と伝統的な日本の生命保険会社では、保険料に数千円も差が出る場合があります。そもそも保険料がどのように決められているのでしょうか?

生命保険料の構成

純保険料:将来、保険金を支払うための準備金。

  • 予定利率:保険会社各社が、保険の種別ごとに設定する運用利回り。高いほど保険料は安く、低いほど保険料は高くなる。
  • 予定死亡率:保険料や責任準備金の計算に使用する死亡率。※ 責任準備金:保険会社は、将来の保険金の支払いに備えて保険料を積み立てて運用している。

付加保険料:予定事業費率(CMなどの宣伝費や事務管理費)。

伝統的な日本の生命保険会社とネット系の生命保険会社で保険料を比較すると、純保険料は、決まった算出方法で計算されるため保険会社ごとの差はほとんどありません。一方、付加保険料の方は、宣伝費や契約時の事務管理費などで大きな差が生じてしまいます。一般的にネット系生命保険会社は、仕組み上、付加保険料が安く、格安な保険料で魅力的ですが、年齢や選択商品が限定されてしまうこともあります。反対に伝統的な日本の生命保険会社は、CMなどの広告費や契約時の事務管理費などにお金がかかるため保険料は高くなってしまいますが、サービス面は充実しており、実際の保険金支払い時の対応も迅速に対応してもらえるメリットがあります。何を重視するかは皆さん違うと思いますが、生命保険を選ぶには、商品の内容だけでなく総合的に判断する必要があります。素人には分かりにくい生命保険のしくみ…ファイナンシャル・プランナー/FPなどの信頼できる相談相手を見つけて、保険を比較する上でいろいろと相談にのってもらうのがおすすめです。

 

 私の「保険見直し無料相談サービス」での見直し体験談・口コミ公開中!

(サラリーマン40代・ファミリー世帯・子供5人)が、保険見直し無料相談サービスで、ファイナンシャル・プランナー/FPに、保険の見直しを相談した時の内容の音声を公開中♪ 体験談・口コミとして保険の見直しのご参考にしてください!

「保険見直し無料相談サービス」見 直し体験談
矢印 矢印 矢印 矢印 矢印
保険見直し体験の音声


おすすめ 生命保険の比較

 おすすめ 生命保険の比較


 人気生命保険見直しサービスの比較・口コミ
 人気保険ショップの比較・口コミ
 おすすめ 医療保険の比較 ベスト3
 おすすめ 終身保険の比較 ベスト3
 おすすめ 定期保険の比較 ベスト3
 おすすめ 収入保障保険の比較 ベスト3
 おすすめ がん保険の比較 ベスト3
 おすすめ 学資保険の比較 ベスト3
 おすすめ 個人年金保険の比較 ベスト3
 おすすめ 就業不能保険の比較 ベスト3