貯蓄していれば保険に加入する必要はない? リスクの対する保険と貯蓄の比較

矢印矢印矢印 全国1200店舗から… 矢印矢印矢印 ご近所保険ショップ検索


命保険は、保険料を支払うことで保険会社が「もしも」の時は保障してくれるものです。「病気」のリスクに備えるための「医療保険」「がん保険」、「死亡」のリスクに備えるための「収入保障保険」「定期保険」「終身保険」など、私たちが保険に加入することで、「もしも」の事態に備えることが可能となります。少ない経費(保険料)で大きな保障を準備出来るのも「生命保険」の大きな特徴です。毎月1万円の保険料で、保険金額1000万円の保障に加入することも可能です。リスクに備えるために保険と貯蓄が比較され、よく「貯蓄していれば保険に加入する必要はない」と言われますが、実際はどうなんでしょうか?

例えば、病気になったときの医療費について考えてみましょう。国の医療保険制度には「高額療養費制度」という制度があり、医療費の上限はある程度決まっています。かかる医療費は予測がつきますので、ある程度の貯蓄があれば対処することは可能です。しかし、どうでしょう。病気になったときにかかる費用は、その時の「入院治療費用」だけではありません。もし長期入院することになれば収入が減り、家計を圧迫する可能性があります。完治しなければ、後遺症が残り要介護状態になる可能性もありますし、再入院の可能性もあります。介護が必要になれば、介護者となる家族は仕事を辞めなければいけなくなる可能性も出てきます。負の連鎖を考えるとキリがありませんが、実際、最悪の事態を考えて備えをしなければ、最終的に家族が不幸になってしまいます。

貯蓄で対処出来るリスクには限界があります。一度貯蓄でリスク回避しても、再度貯蓄するには時間がかかります。リスクに対して備えるには、保険と貯蓄それぞれのメリット・デメリットをよく理解して、基本的には貯蓄で準備をし、足りない部分を保険でカバー出来るように備えておくと安心です。それぞれのリスクに対して、現時点でどれくらいの金額の備えておけば安心なのか、よく理解しておくことも必要です。しかし、なかなか私たち素人には、きっちりとそんな計算は出来ません。事あるごとに相談出来る、お金・保険の専門家であるファイナンシャル・プランナー/FPなどの信頼出来る相談相手を見つけておくと、ライフステージごとに保険の見直しの相談が出来て便利ですよ♪

 

 リスクに対する保険と貯蓄のメリット・デメリット

 保険

メリット

  • 契約すれば、すぐ必要な保障額を準備出来る
  • 保障を受けながら貯蓄も出来る商品もある
  • 保険料に応じて、税金が軽減される優遇措置がある

デメリット

  • 途中で解約すると、解約返戻金が今までの総保険料より少なくなる
  • 必要なときに、すぐにお金を引き出せない
  • 健康に問題があると加入が出来ない場合がある

 貯蓄

メリット

  • 必要なときに、いつでもお金を引き出せる
  • 金利で利息が得られる
  • 確実にお金が貯まり、使用用途に制限もない

デメリット

  • お金を貯めるのに時間がかかる
  • 予想を超えるリスクには、対応しきれない場合がある
  • 現在低金利のため利息が少なく、利息には税金もかかる

 

 私の「保険見直し無料相談サービス」での見直し体験談・口コミ公開中!

(サラリーマン40代・ファミリー世帯・子供5人)が、保険見直し無料相談サービスで、ファイナンシャル・プランナー/FPに、保険の見直しを相談した時の内容の音声を公開中♪ 体験談・口コミとして保険の見直しのご参考にしてください!

「保険見直し無料相談サービス」見 直し体験談
矢印 矢印 矢印 矢印 矢印
保険見直し体験の音声


おすすめ 生命保険の比較

 おすすめ 生命保険の比較


 人気生命保険見直しサービスの比較・口コミ
 人気保険ショップの比較・口コミ
 おすすめ 医療保険の比較 ベスト3
 おすすめ 終身保険の比較 ベスト3
 おすすめ 定期保険の比較 ベスト3
 おすすめ 収入保障保険の比較 ベスト3
 おすすめ がん保険の比較 ベスト3
 おすすめ 学資保険の比較 ベスト3
 おすすめ 個人年金保険の比較 ベスト3
 おすすめ 就業不能保険の比較 ベスト3