生命保険会社を「格付け」「ソルベンシー・マージン比率」で比較しよう!

矢印矢印矢印 全国1200店舗から… 矢印矢印矢印 ご近所保険ショップ検索


命保険会社の比較をする上で、ひとつの目安となるものが「格付け」になります。専門的第三者機関が、生命保険会社の「保険財務能力」、「保険金支払能力」を分かりやすく指標として表したものです。格付け機関として、スタンダード&プアーズ 、ムーディーズ、格付投資情報センターなどの情報が有効です。

生命保険に加入する時は、保険の内容、保険料などで保険を比較することが多いと思いますが、根本の保険会社の財務能力もしっかりと確認しておくことも大切です。現在の大手保険会社で倒産するようなところはありません。また、生命保険契約者保護機構に守られていますので、支払った今までの保険料が全て無駄になることもありません。しかし、財務状況が悪い保険会社は、保険内容の条件が悪くなってしまう可能性はあります。加入する前に、その保険会社の「格付け」も一応チェックするようにしましょう。また、保険会社の健全性を図る指標として、保険金の支払い余力を表した「ソルベンシー・マージン比率」も参考にすると良いでしょう。

 

 人気生命保険会社の格付け比較

気の生命保険会社2014年7月現在のS&P(スタンダ-ド&プア-ズ)の格付け状況です。カッコ内の数字は、2014年3月現在のソルベンシー・マージン比率です。

アクサ生命保険 A+ (713.4%)
アクサダイレクト生命保険 (2,667.3%)
アメリカンファミリー生命保険 AA- (775.2%)
AIG富士生命保険 (1,265.3%)
損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険 A+ (1,583.2%)
オリックス生命保険 A- (758.3%)
かんぽ生命保険 (1,623.4%)
ジブラルタ生命保険 AA- (936.7%)
住友生命保険 A (888.2%)
ソニー生命保険 AA- (2,358.7%)
第一生命保険 A (772.1%)
東京海上日動あんしん生命保険 AA- (2,624.6%)
日本生命保険 A+ (779.0%)
三井住友海上あいおい生命保険 A+ (1,264.9%)
三井生命保険 BBB- (648.5%)
明治安田生命保険 A (945.5%)
メットライフ生命保険 AA- (966.1%)
ライフネット生命保険 (1,922.2%)

 

 S&P(スタンダ-ド&プア-ズ)の保険会社格付け定義

AAA

  • 保険財務能力が極めて高い。

AA

  • 保険財務能力は非常に高い。AAAとの差は小さい。

A

  • 保険財務能力は高いが、事業環境・経済状況の悪化の影響を受けやすい。

BBB

  • 保険財務能力は適切だが、事業環境・経済状況の悪化により能力が低下する可能性が高い。

BB

  • 保険財務能力は有しているが、事業環境・経済状況の悪化により能力が不十分となる可能性が高い。

B

  • 保険財務能力は有しているが、事業環境・経済状況の悪化により能力が損なわれやすい。

CCC

  • 保険財務能力は低く、事業環境・経済状況の悪化により能力を失う可能性が高い。

CC

  • 保険財務能力は非常に低く、事業環境・経済状況の悪化により能力を失う可能性も非常に高い。

R

  • 保険財務能力に問題があり、規制当局の監督下に置かれている状況。

SD

  • 保険財務能力の一部に問題がある状況。

 

 私の「保険見直し無料相談サービス」での見直し体験談・口コミ公開中!

(サラリーマン40代・ファミリー世帯・子供5人)が、保険見直し無料相談サービスで、ファイナンシャル・プランナー/FPに、保険の見直しを相談した時の内容の音声を公開中♪ 体験談・口コミとして保険の見直しのご参考にしてください!

「保険見直し無料相談サービス」見 直し体験談
矢印 矢印 矢印 矢印 矢印
保険見直し体験の音声


おすすめ 生命保険の比較

 おすすめ 生命保険の比較


 人気生命保険見直しサービスの比較・口コミ
 人気保険ショップの比較・口コミ
 おすすめ 医療保険の比較 ベスト3
 おすすめ 終身保険の比較 ベスト3
 おすすめ 定期保険の比較 ベスト3
 おすすめ 収入保障保険の比較 ベスト3
 おすすめ がん保険の比較 ベスト3
 おすすめ 学資保険の比較 ベスト3
 おすすめ 個人年金保険の比較 ベスト3
 おすすめ 就業不能保険の比較 ベスト3