生命保険を見直しで損をしないために注意するべきポイントは?

矢印矢印矢印 全国1200店舗から… 矢印矢印矢印 ご近所保険ショップ検索


険の見直しをする場合、出来れば「保険料のお得な保険に切り替えたい」という方も多いはずです。見直しをして、逆に”損”をすることがないように、注意するポイントをしっかりと抑えましょう!

 

 貯蓄と保険のバランスを!

険に加入する上での基本的な考え方は「将来のリスクに対して、貯蓄でカバー出来ない部分を保険でまかなう」というものです。将来のリスクに備えるために貯蓄することを優先し、足りない分を保険に加入するようにすると、無駄な保険に加入することも無くなります。家族構成、ライフスタイル、子供の進路、収入の見通し、資産状況などは、変化するものですから、定期的に保険を見直し、常に必要な保障が確保出来るようにすることも大切です。

 

 保険料と保障内容のバランスを!

険を見直す時に、一番気になるのは「保険料」 だと思います、出来るだけ安い保険料で良い保険に加入するのが理想ですが、「保険料が安い保険=保障内容はそれなり」と考えるのが普通ではないでしょうか。保険を選ぶ際に、保険料が安いという理由だけで加入して、いざという時に「使えない保険」「まかなえない保険」になってしまっては本末転倒です。保険料の安さだけを一番に考えるのではなく、保険料と保障内容のバランスを考えながら、自分が必要とする保障を充分まかなえて、かつ保険料もお得な保険を選ぶようにしましょう。

 

 保険販売の営業トークに注意!

険商品万一の時に備えるための商品ですが、保険に入ろうとする私たちは、将来どんなリスクがあるのかを確実に予測することは不可能です。保険販売者側は、上手な営業トークで商品説明して、保険を販売しようとします。保険を見直す側の私たちは、保険販売者側から”もっともらしい”商品説明を受けて納得すれば、保険に加入することとなります。しかし、私たちに保険の知識があまりない状態だと、そこまで必要のない保険に”納得させられて”契約してしまうかもしれません。出来れば事前に保険の雑誌などを読んで、いくらか知識を持つことで、販売者の商品説明に対してこちらから質問が出来ればベストですね♪ 販売者側から、その質問に対して納得出来る回答がもらえなければ、その方は信頼出来ません。保険商品内容の説明だけでなく、「実際のリスクにどのように役に立つのか?」「保障額は適正か?」「保険料は適正か?」しっかりと説明を受けましょう。

 

 保障を欲張り過ぎないように!

険を見直す際には、新しい保険、新しい特約を販売者から説明を受けることになります。新しい保険商品は、現在の医療現場状況に合わせて改良された商品ですから、魅力的な保障内容になっていることも多いと思います。「その保障がいいから」ということで、新しい保険・特約を全て追加加入していては、保険料の負担は増えるばかりです。新しい保険・特約を検討する時には、自分の必要保障額をきちんと把握した上で、保険料と保障内容のバランスを見ながら、その保険・特約に追加加入することで得られるメリットが本当に今必要かどうかをしっかりと考えて選びましょう。

 

 解約をする前に損しないかチェック!

蓄性のある終身保険」などは、解約すると解約返戻金が戻ってきます。貯蓄性のある保険は保険料も高く、負担を軽減するために掛け捨ての保険に見直しを検討される場合もあるかと思います。解約返戻金は、保険加入から早い時期で解約すると戻りが少なくなる場合が多く、をしてしまいます。保険の見直しとして貯蓄型の保険の解約を検討される場合は、支払った保険料が無駄にならないように注意しましょう。

 

 私の「保険見直し無料相談サービス」での見直し体験談・口コミ公開中!

(サラリーマン40代・ファミリー世帯・子供5人)が、保険見直し無料相談サービスで、ファイナンシャル・プランナー/FPに、保険の見直しを相談した時の内容の音声を公開中♪ 体験談・口コミとして保険の見直しのご参考にしてください!

「保険見直し無料相談サービス」見 直し体験談
矢印 矢印 矢印 矢印 矢印
保険見直し体験の音声


おすすめ 生命保険の比較

 おすすめ 生命保険の比較


 人気生命保険見直しサービスの比較・口コミ
 人気保険ショップの比較・口コミ
 おすすめ 医療保険の比較 ベスト3
 おすすめ 終身保険の比較 ベスト3
 おすすめ 定期保険の比較 ベスト3
 おすすめ 収入保障保険の比較 ベスト3
 おすすめ がん保険の比較 ベスト3
 おすすめ 学資保険の比較 ベスト3
 おすすめ 個人年金保険の比較 ベスト3
 おすすめ 就業不能保険の比較 ベスト3