必要最小限の保険に必要な保障額だけ加入する

矢印矢印矢印 全国1200店舗から… 矢印矢印矢印 ご近所保険ショップ検索


が一に備えるために「保険」は大切なものですが、負担する保険料は大きなものです。生活保険文化センターの「平成24年度 生命保険に関する全国実態調査」によると、一世帯の1年間の支払い保険料は平均で41万6000円! 何年にもわたって支払うものですから、トータルの保険料は数百万円にもなります。手厚い保障は大きな安心感を与えてくれますが、「必要最小限の保険に必要な保障額だけ加入する」という考え方で保険を見直しすれば、もう少し保険料を節約が可能です♪

 

 保険料は1万円/月以内でも十分?!

帯主がサラリーマンの方であれば、勤務先の公的保障と福利厚生で手厚い保障が得られます。さらに貯蓄をされていれば、保険に加入する必要ない方もいるかもしれません。それらを考慮せずに何となく保険に加入していると、保障額が多くなり過ぎてしまっている可能性があります。まずは、公的保障と福利厚生による保障額を把握し、保険でどのくらいの保障額を確保すればいいのかを計算しましょう。必要保障額を知り必要最小限の保険に見直すことで、保険料を1万円/月以下に抑えても十分な保障が確保出来るかもしれません♪

公的な保障

  • 高額療養費制度
  • 傷病手当金
  • 遺族年金

福利厚生

  • 死亡退職金
  • 遺児育英年金

 

 保険に頼るのは人生の一定期間だけ?!

険に頼るピークは、子供が誕生した時です。これから必要となる養育費・教育費に備えて大きな死亡保障が必要となります。その保障を準備するには保険は有効な手段です。その後は、子供の成長とともに保障額を減らすことが出来ますので、保険を見直して保険料の負担も軽減させましょう。浮いたお金を住宅ローンの返済や貯蓄に回すことで保障額をさらに減らすことが出来ます。保険への依存度は減り、必要最小限の保険に加入することで十分保障を確保出来ます。

 

 保険で準備する保障額を計算するには?

険で準備する保障額を計算するには、世帯主に万一のことが起きた時の資産と、その後に残る負債と必要となる費用をきちんと把握する必要があります。資産の合計から、負債・必要費用の合計を差し引いた不足分が、保険で準備する必要保障額になります。きちんと保障額を計算した上で保険を見直すことで「必要最小限の保険に必要な保障額だけ加入する」ことが出来ます。自分で細かい部分まで把握して計算することが難しい場合は、ファイナンシャル・プランナー/FPなどのお金・保険の専門家に相談することをおすすめします。保険の見直し無料相談サービスに申し込めば、無料でファイナンシャル・プランナー/FPに必要保障額を計算してもらうことが出来て、最適な保険も提案してもらえます。一度プランニングしてもらっておけば、ライフステージごとに保険を見直す上でも、とても便利です♪

資産

  • 貯金
  • 保険金
  • 死亡退職金・弔慰金
  • 資産売却金

負債・必要費用

  • ローン
  • 葬儀費用
  • 生活費用不足分
  • 子供の養育費・教育費

 

 私の「保険見直し無料相談サービス」での見直し体験談・口コミ公開中!

(サラリーマン40代・ファミリー世帯・子供5人)が、保険見直し無料相談サービスで、ファイナンシャル・プランナー/FPに、保険の見直しを相談した時の内容の音声を公開中♪ 体験談・口コミとして保険の見直しのご参考にしてください!

「保険見直し無料相談サービス」見 直し体験談
矢印 矢印 矢印 矢印 矢印
保険見直し体験の音声


おすすめ 生命保険の比較

 おすすめ 生命保険の比較


 人気生命保険見直しサービスの比較・口コミ
 人気保険ショップの比較・口コミ
 おすすめ 医療保険の比較 ベスト3
 おすすめ 終身保険の比較 ベスト3
 おすすめ 定期保険の比較 ベスト3
 おすすめ 収入保障保険の比較 ベスト3
 おすすめ がん保険の比較 ベスト3
 おすすめ 学資保険の比較 ベスト3
 おすすめ 個人年金保険の比較 ベスト3
 おすすめ 就業不能保険の比較 ベスト3