保険加入時の「告知義務違反」に注意!

 保険に契約する時の「告知」には正直に答えよう♪

矢印矢印矢印 全国1200店舗から… 矢印矢印矢印 ご近所保険ショップ検索


を契約する時には、現在の健康状態や過去の病歴・通院歴、職業などについて、告知書や生命保険会社指定の医師の質問に、事実をありのまま告げる義務があります。これは、保険の契約の公平性を保つためで、保険会社が保険契約を引き受けるかどうかの判断材料となり、健康な人と健康でない人が同条件で契約する不公平が起こらないようにしています。

健康についての告知の項目としては、過去3ヶ月以内の健康状態や、過去2年以内の健康診断・人間ドックの結果、過去5年以内の病気・ケガの状況、身体障害、喫煙の有無、妊娠(女性)などについて、告知書で質問に答えます。もしも、都合の悪いことには答えなかったり、ウソをついて事実と違うことを告げると「告知義務違反」となり、万一の時に保険金や給付金が受けれなかったり、保険会社から契約を取り消されてしまう場合があります。ですので、告知は必ずありのままの健康状態を正直に「告知」するようにしましょう。

 

告知義務違反

 

参考にですが、保険会社が告知義務違反を知って保険契約を解除出来るのは、責任開始日から2年以内、また、告知義務違反の事実を知ってから1ヶ月以内とされています。ただし、詐欺など重大な違反と判断された場合には、2年以上保険契約が続いていたとしても、保険会社は保険契約を解除出来ます。この場合、保険料の払い戻しも受けられません。「このくらい大丈夫でしょ」という甘い気持ちで「告知義務違反」にならないように注意しましょう!

 

 私の「保険見直し無料相談サービス」での見直し体験談・口コミ公開中!

(サラリーマン40代・ファミリー世帯・子供5人)が、保険見直し無料相談サービスで、ファイナンシャル・プランナー/FPに、保険の見直しを相談した時の内容の音声を公開中♪ 体験談・口コミとして保険の見直しのご参考にしてください!

「保険見直し無料相談サービス」見 直し体験談
矢印 矢印 矢印 矢印 矢印
保険見直し体験の音声


おすすめ 生命保険の比較

 おすすめ 生命保険の比較


 人気生命保険見直しサービスの比較・口コミ
 人気保険ショップの比較・口コミ
 おすすめ 医療保険の比較 ベスト3
 おすすめ 終身保険の比較 ベスト3
 おすすめ 定期保険の比較 ベスト3
 おすすめ 収入保障保険の比較 ベスト3
 おすすめ がん保険の比較 ベスト3
 おすすめ 学資保険の比較 ベスト3
 おすすめ 個人年金保険の比較 ベスト3
 おすすめ 就業不能保険の比較 ベスト3

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です