医療保険の必要性、あなたはどう判断する?!

矢印矢印矢印 全国1200店舗から… 矢印矢印矢印 ご近所保険ショップ検索


療保険の必要性については、いろいろな考え方があると思います。医療保険への加入が「必要か?必要でないか?」は、それぞれ個人がどう判断するかにかかっています。

 

医療保険の必要性

 

日本は公的医療保険制度が充実しており、実際には、高額の医療費を支払うということは、一生の中で滅多にないかもしれません。サラリーマンであれば、高額療養費制度により、1ヶ月の医療費の自己負担額は9万円程度までで済みます。また、たとえ病気やケガで働けなくなったとしても、傷病手当金により、連続3日以上休めば、4日目から1日につき標準報酬日額の3分の2が支給されます。その他にも会社の福利厚生が充実しているでしょう。ある程度の貯蓄があれば、医療保険への加入は必要ないかもしれません。保険料が5000円/月の医療保険に加入したとすると、1年で保険料は6万円、終身型で30年支払ったとすると、保険料は180万円にもなります! その分を貯蓄しておけば、万一の時の医療費はまかなえてしまうかもしれませんね。

一方で、めったに無いかもしれませんが、高額の治療費が必要になる場合もあります。公的医療保険制度の適用とならない治療、例えば、がんで「先進医療」を受けることになれば、数百万円にもなる医療費は全て自己負担となってしまいます。また、脳卒中やがんなどの三大疾病にかかると、治療が長期に及ぶ場合もあり、医療費の負担はやはり大きくなるかもしれません。起きてしまった時にすぐに高額の医療費を準備出来る医療保険」は、「安心を買う」という意味においては良い商品です。貯蓄があれば大丈夫かもしれませんが、実際には貯蓄の目的「病気やケガ備えのため」という方は、なかなかいないと思います。「マイホームの購入」「子供の教育費」などのために貯めてきた貯蓄を取り崩してしまうことになれば、ライフプランも狂ってしまうかもしれません。

人生の中で、自分が大きな病気やケガをするかどうかは、誰にも分かりません。平均寿命も延びる中、どちらにしても貯蓄もしくは保険で、万一の事態に備える必要はあります。最近の医療保険は、三大疾病(がん・急性心筋梗塞・脳卒中)になると、無制限に入院給付金が支給されるものがあったり、特徴のある商品もいろいろと発売されています。最新の医療保険もうまく活用しつつ、上手にリスク管理したいものです♪

 

 私の「保険見直し無料相談サービス」での見直し体験談・口コミ公開中!

(サラリーマン40代・ファミリー世帯・子供5人)が、保険見直し無料相談サービスで、ファイナンシャル・プランナー/FPに、保険の見直しを相談した時の内容の音声を公開中♪ 体験談・口コミとして保険の見直しのご参考にしてください!

「保険見直し無料相談サービス」見 直し体験談
矢印 矢印 矢印 矢印 矢印
保険見直し体験の音声


おすすめ 生命保険の比較

 おすすめ 生命保険の比較


 人気生命保険見直しサービスの比較・口コミ
 人気保険ショップの比較・口コミ
 おすすめ 医療保険の比較 ベスト3
 おすすめ 終身保険の比較 ベスト3
 おすすめ 定期保険の比較 ベスト3
 おすすめ 収入保障保険の比較 ベスト3
 おすすめ がん保険の比較 ベスト3
 おすすめ 学資保険の比較 ベスト3
 おすすめ 個人年金保険の比較 ベスト3
 おすすめ 就業不能保険の比較 ベスト3