教育費の準備「学資保険」以外の新しい選択肢とは?

 教育費準備の新たな選択肢「ジュニアNISA」とは?

矢印矢印矢印 全国1200店舗から… 矢印矢印矢印 ご近所保険ショップ検索


が生まれて、教育費の準備と言えば「学資保険」が思い浮かぶと思います。2016年から新たな選択肢の一つとして「ジュニアNISA(少額投資非課税制度)」が加わります。ジュニアNISAは、未成年(0~19歳)が対象で、80万円/年の投資枠から得た売却益、分配金・配当金に対して、税金が非課税になる制度です♪ 18歳まで払出し制限があるため、強制的に資金運用して子供のための大学資金を準備することが出来ます。ただし、投資先は、上場株式や投資信託、ETFなどですから、元本割れのリスクは避けて通れません。

 

学資保険とジュニアNISA

 

一方の「学資保険」は、保険の中では返戻率が高い商品です♪ これだけ保険の予定利率が低くなってしまった今、学資保険で教育費を準備するメリットはやや薄くなってしまった感はありますが、「ジュニアNISA」と同じく、一度加入してしまえば強制的に教育費を準備することが出来ます。また、保険なので、契約者の親が亡くなってしまった時には以後の保険料が免除となり、育英年金をもらうことが出来るというメリットがあります。

教育費の準備として、「学資保険」と「ジュニアNISA」どちらを選ぶか? まずは、満期まで保険料を支払えば確実に増え、安心感のある「学資保険」で必要最低限の教育費を準備しましょう。それ以外の余った資金で教育費のための資金運用を考えるのであれば、非課税のメリットが活かせる「ジュニアNISA」がおすすめです♪

 

 私の「保険見直し無料相談サービス」での見直し体験談・口コミ公開中!

(サラリーマン40代・ファミリー世帯・子供5人)が、保険見直し無料相談サービスで、ファイナンシャル・プランナー/FPに、保険の見直しを相談した時の内容の音声を公開中♪ 体験談・口コミとして保険の見直しのご参考にしてください!

「保険見直し無料相談サービス」見 直し体験談
矢印 矢印 矢印 矢印 矢印
保険見直し体験の音声


おすすめ 生命保険の比較

 おすすめ 生命保険の比較


 人気生命保険見直しサービスの比較・口コミ
 人気保険ショップの比較・口コミ
 おすすめ 医療保険の比較 ベスト3
 おすすめ 終身保険の比較 ベスト3
 おすすめ 定期保険の比較 ベスト3
 おすすめ 収入保障保険の比較 ベスト3
 おすすめ がん保険の比較 ベスト3
 おすすめ 学資保険の比較 ベスト3
 おすすめ 個人年金保険の比較 ベスト3
 おすすめ 就業不能保険の比較 ベスト3

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です