加入中の保険の死亡保険金額が適正かどうか一度チェックを!

矢印 実録!私の保険見直し体験公開♪
矢印 ご近所の人気保険ショップを簡単検索!
矢印 無料で保険のプロからアドバイスをもらう方法とは?
矢印 気軽に気になる複数の保険を比較する方法とは?
矢印 保険の悩みに答える!Q&A

一、一家の大黒柱である主人が亡くなった時の死亡保険金は、どのくらいが適正なのか? 沢山保険金をかけていれば、万一の時に安心なように感じますが、それだけ保険料も高くなってしまいます。必要以上にかけ過ぎてしまうと、保険料を無駄に払うことになります。何十年にも渡って支払う保険料は、思ってる以上に大きな金額になってしまいますので注意が必要です! きちんと適正な保険金額に見直すことで、保険料の無駄な支払いを無くし、その分を貯蓄を増やす方が堅実な選択です。

 

死亡保険金の適正金額

 

適正な死亡保険金額は、家族構成やライフステージなど、それぞれの家庭の状況によって異なります。その見極めポイントは以下になります。

 

 主人の職業
一家の大黒柱である主人の職業がサラリーマンか自営業かによって、必要となる死亡保険金は異なります。主人が亡くなった時の公的保障は、サラリーマン家庭の方が手厚くなっています。公的年金から支払われる遺族年金額を考慮して、死亡保険金を設定する必要があります。

 妻の職業
もし、共稼ぎで妻にも収入がある場合は、主人が亡くなった時の死亡保険金は、その分少なく設定すれば大丈夫です。その場合、妻が亡くなった時の死亡保険金の必要性も考える必要があります。

 子供の有無
子供がいると養育費や教育費などにそれだけお金がかかります。必要となる死亡保険金も大きくなります。

 住まいの状況
住まいが「借家か持ち家か?」「住宅ローンを抱えているか?」によって、死亡保険金の設定は大きく変わってきます。賃貸の住まいの場合は、家賃分も死亡保険金に考慮する必要があります。住宅ローンを抱えている場合は、主人に万一のことがあった時には、団体信用生命保険によって残りの住宅ローンの返済は完了しますので、その分死亡保険金が少なく設定しても大丈夫です。

 

今加入中の保険の死亡保険金額が、適正なものなのかどうか一度チェックしてみましょう! 保険に加入した当時とは、家庭の状況も変化しているはずです。と言っても、実際に自分に必要な死亡保険金額をどのくらいが適正なのか考えるのは、保険についての知識のない私たちにとっては難しいことかもしれません。「楽に加入中の保険の保障内容を再チェックしたい!」という方は、保険ショップ保険見直し相談サービスを活用してみましょう! 保険に詳しいプランナーさんに無料で相談出来て、アドバイスを受けながら保険の見直しをすることが出来るのでおすすめです。気になる方は、気軽に相談してみましょう♪

 

 私の「保険見直し無料相談サービス」での見直し体験談・口コミ公開中!

(サラリーマン40代・ファミリー世帯・子供5人)が、人気の保険見直し無料相談サービスで、ファイナンシャル・プランナー/FPに、保険の見直しを相談した時の内容の音声を公開中♪ 体験談・口コミとして保険の見直しのご参考にしてください!

「保険見直し無料相談サービス」見 直し体験談
矢印 矢印 矢印 矢印 矢印
保険見直し体験の音声




おすすめ 生命保険の比較

 おすすめ 生命保険の比較


 人気生命保険見直しサービスの比較・口コミ
 人気保険ショップの比較・口コミ
 おすすめ 医療保険の比較 ベスト3
 おすすめ 終身保険の比較 ベスト3
 おすすめ 定期保険の比較 ベスト3
 おすすめ 収入保障保険の比較 ベスト3
 おすすめ がん保険の比較 ベスト3
 おすすめ 学資保険の比較 ベスト3
 おすすめ 個人年金保険の比較 ベスト3
 おすすめ 就業不能保険の比較 ベスト3