低金利時代!2017年4月以降は保険料も値上げされる?

 2017年4月標準利率が引き下げ決定により保険料も値上げの可能性大!

矢印矢印矢印 全国1200店舗から… 矢印矢印矢印 ご近所保険ショップ検索


険の保険料は、保険会社が保険料の一部を投資して運用することで、見込める利回り(予定利率)によって変化します。予定利率が高いと時には保険料は安く設定され、低い時には保険料は高く設定されます。保険会社は、金融庁が決める標準利率をもとにして、予定利率を決めています。現在、低金利が続く中、2017年4月に標準利率が引き下げられることが決まっており、保険会社も予定利率を下げると思われます。4月以降、保険料は値上げされる可能性は高く、特に貯蓄性の高い終身保険個人年金保険養老保険学資保険などは、大きく影響されると思われます。

 

保険見直しチェック!

 

現に、貯蓄型の保険は、2014年頃から毎年値上げが続いており、保険会社によっては販売中止にする商品も出始めています。今は、貯蓄型の保険への加入は、おすすめのタイミングだとは、あまり言えません。貯蓄目的ではなく、相続税対策教育資金を確実に貯めるための手段として活用するなら良いかもしれません。保険は本来、「自分や家族に必要な保障を確保する」ための商品です。本来の保険の目的で考えれば、定期保険収入保障保険などの保障性の高い保険で備えるのが、正しい保険の入り方と言えます。もし貯蓄型の保険への加入を検討中であれば、保険料が上がるタイミング前に加入する方が、お得です!

 

 私の「保険見直し無料相談サービス」での見直し体験談・口コミ公開中!

(サラリーマン40代・ファミリー世帯・子供5人)が、保険見直し無料相談サービスで、ファイナンシャル・プランナー/FPに、保険の見直しを相談した時の内容の音声を公開中♪ 体験談・口コミとして保険の見直しのご参考にしてください!

「保険見直し無料相談サービス」見 直し体験談
矢印 矢印 矢印 矢印 矢印
保険見直し体験の音声


おすすめ 生命保険の比較

 おすすめ 生命保険の比較


 人気生命保険見直しサービスの比較・口コミ
 人気保険ショップの比較・口コミ
 おすすめ 医療保険の比較 ベスト3
 おすすめ 終身保険の比較 ベスト3
 おすすめ 定期保険の比較 ベスト3
 おすすめ 収入保障保険の比較 ベスト3
 おすすめ がん保険の比較 ベスト3
 おすすめ 学資保険の比較 ベスト3
 おすすめ 個人年金保険の比較 ベスト3
 おすすめ 就業不能保険の比較 ベスト3

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です