がんの治療費だけでも数十万円~数百万円!

矢印 実録!私の保険見直し体験公開♪
矢印 ご近所の人気保険ショップを簡単検索!
矢印 無料で保険のプロからアドバイスをもらう方法とは?
矢印 気軽に気になる複数の保険を比較する方法とは?
矢印 保険の悩みに答える!Q&A

になってしまった時に「どのくらいのお金が必要になるのか?」 がんは、日本人の2人に1人がかかり、3人に1人が亡くなると言われている病気。一旦がんになってしまうと、長期治療になってしまうことも少なくない病気です。治療費だけでなく、その他もお金が必要になったり、休職により収入が減ってしまうなど、家計への経済的負担は大きくなってしまいます。がんのなった時のリスクについて、しっかりと考え、がん保険などを活用して、しっかりと備えておきたいものです♪

 

がん保険で備え「がんになった時に必要なお金」

 

がんの治療費だけでも、数十万円~数百万円かかると言われています。がんの治療には、手術、抗がん剤治療、放射線治療などがあります。実際の治療費の自己負担額は、公的医療保険制度により3割で済みますし、月の自己負担上限額も、高額療養費制度により、9万円程度済みます。ただし、高額療養費制度は、月単位での計算となりますので、月をまたいでしまうと次の月もまた9万円必要となりますので、注意が必要です! また、差額ベッド代や入院中の食事代の一部自己負担となります。公的医療保険の対象とならない重粒子線治療や陽子線治療などの先進医療を受けると、自己負担額は数百万円になってしまうこともあります。治療費以外の入院時の日用品や交通費、健康食品やサプリメント代など、必要となるお金もバカになりません! 退院後も通院治療を受けたり、再発も心配ながんは、長期治療になりがちです。がんの治療費が実際にどのくらい必要になるのか、認識しておくことは大切です。 そして何よりも、治療・療養中に仕事が出来なくなってしまうと、「休職中の間の家族の生活をどうするのか?」 もしもの時には傷病手当金の支給もありますが、住宅ローンや教育ローンなどを抱えていると、収入が減るのは不安になります。お金への不安をもつことなく、治療に専念出来るように、「がん保険に加入する必要があるのか?」しっかりと検討してみましょう♪

 

公的医療保険で対応出来る治療費(3割負担・高額療養費制度により自己負担上限額は、9万円程度/月)
診察・検査費用
入院・手術費用
抗がん剤治療費
放射線治療費

全額自己負担となってしまう治療費・その他費用
差額ベッド代
入院中の食事代の一部
先進医療費用
診断書作成費用
ウイック作成費用
看病する家族の交通費・宿泊費
入院時の日用品
健康食品・サプリメント代
休職で収入減による家族の生活費

 

 私の「保険見直し無料相談サービス」での見直し体験談・口コミ公開中!

(サラリーマン40代・ファミリー世帯・子供5人)が、人気の保険見直し無料相談サービスで、ファイナンシャル・プランナー/FPに、保険の見直しを相談した時の内容の音声を公開中♪ 体験談・口コミとして保険の見直しのご参考にしてください!

「保険見直し無料相談サービス」見 直し体験談
矢印 矢印 矢印 矢印 矢印
保険見直し体験の音声




おすすめ 生命保険の比較

 おすすめ 生命保険の比較


 人気生命保険見直しサービスの比較・口コミ
 人気保険ショップの比較・口コミ
 おすすめ 医療保険の比較 ベスト3
 おすすめ 終身保険の比較 ベスト3
 おすすめ 定期保険の比較 ベスト3
 おすすめ 収入保障保険の比較 ベスト3
 おすすめ がん保険の比較 ベスト3
 おすすめ 学資保険の比較 ベスト3
 おすすめ 個人年金保険の比較 ベスト3
 おすすめ 就業不能保険の比較 ベスト3