長寿化により大手保険会社が死亡保険の保険料引き下げ!

矢印矢印矢印 全国1200店舗から… 矢印矢印矢印 ご近所保険ショップ検索


険会社が、来春以降、生命保険の保険料の引き下げ準備に入っているようです。保険会社は、保険金を決める基準となる「標準生命表」に基づいて保険料を算出しているが、「死亡率」が引き下げられることにより、定期保険などの死亡保険の保険料が最大で2割程度安くなるのではと言われています。

 

「死亡保険」保険料引き下げ

 

生命保険被保険者の死亡統計をもとに作成される「標準生命表」は、10年に一度見直しされます。40歳男性の場合の年間の死亡人数は、2007年の時点では、1000人中1.48人だったものが、来春の改定では、1000人中1,18人に下がります。病気の早期発見と医療技術の進歩により、死亡率が改善されたと考えられます。死亡率が下がれば、保険会社の保険金を支払うリスクも下がりますから、保険料も引き下げが可能となります。現在、来春に向けて、日本生命、明治安田生命、第一生命、住友生命の大手保険会社4社が、死亡保険の新規契約の保険料を引き下げの準備を始めているようです。もしも「保険料をもう少し抑えたい」と考えているなら、保険料の改定を機に、死亡保険の見直しを検討しても良いかもしれません。

 

 私の「保険見直し無料相談サービス」での見直し体験談・口コミ公開中!

(サラリーマン40代・ファミリー世帯・子供5人)が、保険見直し無料相談サービスで、ファイナンシャル・プランナー/FPに、保険の見直しを相談した時の内容の音声を公開中♪ 体験談・口コミとして保険の見直しのご参考にしてください!

「保険見直し無料相談サービス」見 直し体験談
矢印 矢印 矢印 矢印 矢印
保険見直し体験の音声


おすすめ 生命保険の比較

 おすすめ 生命保険の比較


 人気生命保険見直しサービスの比較・口コミ
 人気保険ショップの比較・口コミ
 おすすめ 医療保険の比較 ベスト3
 おすすめ 終身保険の比較 ベスト3
 おすすめ 定期保険の比較 ベスト3
 おすすめ 収入保障保険の比較 ベスト3
 おすすめ がん保険の比較 ベスト3
 おすすめ 学資保険の比較 ベスト3
 おすすめ 個人年金保険の比較 ベスト3
 おすすめ 就業不能保険の比較 ベスト3