万一の時に必要なお金や公的保障額を試算して保険の必要性の判断を!

矢印矢印矢印 全国1200店舗から… 矢印矢印矢印 ご近所保険ショップ検索


亡保険は、万一病気や災害で、死亡もしくは高度障害状態になると、死亡保険金・高度障害保険金を受け取ることが出来る保険です。一家を支える夫の死亡保障は、万一の時に家族の生活が困らないように、最も重要度が高い保険と言えます。特に、小さな子供がいる場合は、妻がフルタイムで働くことも難しく、成人するまでの間の子供の教育費も必要となりますから、貯蓄もしくは保険で、万一にしっかりと備えておくことが必要です。

 

死亡保険の必要性

 

実際に、夫が亡くなった時に、残された家族にどのくらいのお金が必要になるのでしょうか? 生命保険文化センターが一般世帯を対象に調べた「平成27年度生命保険に関する全国実態調査」によると、一家の大黒柱の夫が亡くなった時の、残された家族が必要になると考えられる生活資金の平均は、5,653万円(世帯年収の9.5年分)とされています。また、ライプニッツ方式によって「年齢・年収による生命価値」を試算することも出来ますが、亡くなった時点での年齢・収入で、もし生きていたら将来どのくらいのお金を受け取ることが出来たのかを試算すると…

 

例えば…
35歳/年収500万円…約5500万円
40歳/年収500万円…約5100万円
45歳/年収600万円…約5500万円

 

となります。日本は遺族年金などの公的保障がしっかりしているとはいえ、今現在の家族構成・家計の状態を把握した上で、万一の時に貯蓄と公的保障で充分賄えるのかどうか試算しておくことは大切です。貯蓄が充分にあれば、死亡保険は必要ないかもしれません。しかし、実際に数千万円単位の貯金はあるという家庭は、限られると思います。保険は、僅かな保険料で、大きな死亡保障を準備することが出来るものです。それぞれの状況に応じて、必要な保障を保険で準備しておきましょう♪ 自身で、万一の時に必要となるお金や、公的保障額の試算が難しい場合は、無料で相談出来る保険ショップ保険見直し相談サービスを活用しましょう! 保険に詳しいプランナーさんからアドバイスをもらって、保険が必要かどうかを試算してもらうことが出来るで、おすすめです♪

 

 私の「保険見直し無料相談サービス」での見直し体験談・口コミ公開中!

(サラリーマン40代・ファミリー世帯・子供5人)が、保険見直し無料相談サービスで、ファイナンシャル・プランナー/FPに、保険の見直しを相談した時の内容の音声を公開中♪ 体験談・口コミとして保険の見直しのご参考にしてください!

「保険見直し無料相談サービス」見 直し体験談
矢印 矢印 矢印 矢印 矢印
保険見直し体験の音声


おすすめ 生命保険の比較

 おすすめ 生命保険の比較


 人気生命保険見直しサービスの比較・口コミ
 人気保険ショップの比較・口コミ
 おすすめ 医療保険の比較 ベスト3
 おすすめ 終身保険の比較 ベスト3
 おすすめ 定期保険の比較 ベスト3
 おすすめ 収入保障保険の比較 ベスト3
 おすすめ がん保険の比較 ベスト3
 おすすめ 学資保険の比較 ベスト3
 おすすめ 個人年金保険の比較 ベスト3
 おすすめ 就業不能保険の比較 ベスト3