ライフプランに合わせて必要な保障を確保出来る医療保険を選ぼう!

矢印矢印矢印 毎月7000世帯が利用! 矢印矢印矢印 自分にピッタリの保険を探す


療保険には、保険期間が一定期間に限られる「定期型」と、一生涯保障される「終身型」があります。医療保険に加入する場合、どちらを選ぶのが良いのか迷われるかもしれませんが、どちらが良いということはなく、自身のライフプランや保障への考え方など、自身の状況に合わせて、必要な保障が確保するのに適しているタイプを選ぶと良いでしょう♪

 

定期型と終身型の医療保険

 

「定期型」の医療保険は、5年、10年と一定期間に限定して医療保障を確保したい時に適しています。「お金がかかる子育て時期に、安い保険料でしっかりと医療保障を確保したい」「子供を妊娠して出産する間の病気が心配なので医療保障を充実させておきたい」など、リスクの高まる時期に一定期間保障を手厚くするのに適しています。保険料は、「終身型」に比べると安くなります。定められた保険期間が来ると保障は終了してしまいますので、更新して継続することとなりますが、一般的に契約者から申し出しない限り自動更新されます。更新時には、健康告知は必要ありませんが、保険料は、その時点の年齢で再計算されますので、更新するごとに高くなっていきます。契約更新出来るのは70歳くらいまでの商品が多く、老後の保障が無くなってしまう可能性もありますので、老後に向けて貯蓄が少ない場合は、注意が必要です。

「終身型」の医療保険は、保険期間に定めがありませんので、一生涯の安心の保障が得られます。保険料は、契約時の保険料が一生涯変わりませんが、「定期型」の保険料よりも高くなります。若い時期に加入すれば、月々の保険料は安く抑えられますが、それだけ長い期間保険料を支払うことになることも、忘れてはいけません。また、「終身型」の医療保険の保障内容一生涯変わりません。しかし、医療技術は日々進歩し、医療保険制度も時代に合わせて変化することが予想されます。例えば、今現在、入院の短期化が進む中、一昔前の入院保障重視の医療保険では、対応しきれなくなってきている実情があります。「終身型」の医療保険に加入しているからと安心するのではなく、数年に一度は、保障内容を確認し、見直しが必要になる可能性もあることを頭に入れておきましょう。

自分が「定期型」の医療保険に加入するのが良いのか、「終身型」の医療保険に加入するのが良いのか迷ったら、保険の無料相談が出来る保険ショップ保険見直しサービスを活用しましょう! 保険に詳しいプランナーさんに、無料で現在加入中の保険の診断をしてもらい、複数の医療保険商品との比較も出来ますので、自分にピッタリの医療保険に見直すことが出来ます♪ 気軽に相談してみましょう!