足りない保障部分は医療保険でカバーしておくのがベストな選択♪

矢印 実録!私の保険見直し体験公開♪
矢印 ご近所の人気保険ショップを簡単検索!
矢印 無料で保険のプロからアドバイスをもらう方法とは?
矢印 気軽に気になる複数の保険を比較する方法とは?
矢印 保険の悩みに答える!Q&A

気やケガした時のために備える医療保険。確かに、入院や手術しなければいけなくなった時に、困らないだけの貯蓄があれば、医療保険は必要ないかもしれません。しかし、万一の時に困らない貯蓄って、どのくらいあれば安心できるのでしょうか? 厚生労働省「平成28年国民生活基礎調査」では、一世帯の平均の貯蓄額は、30代が404万円、40代では652万円、50代は1051万円という結果が出ています。しかし、これはあくまで平均で、なかには全く貯蓄がないという世帯も多いのが現実。皆さんのご家庭はどうでしょうか?

 

貯蓄と医療保険

 

また、新築の家を購入して住宅ローンを抱えていたり、子供の教育ローンや、車のローンなど、「貯蓄はあるけど、借金もあるんだよね…」というご家庭もあるのではないでしょうか? 貯蓄から借金を引くとあまり残らないとなると、あまり家計にゆとりがあるとは言えません。万一、入院が長引いたりすると、家計には大きな負担となってしまうのは、間違いありません。実際には、多くの家庭で、貯蓄で病気やケガをした時のための備えをするのは、あまり現実的ではないと言えるかもしれません。

貯蓄は、毎月毎月貯めていって、ある程度の金額が貯まるまでには、時間がかかってしまいます。一方、保険は、毎月数千円の保険料を負担するだけで、いきなりある程度の保障を確保することが可能です。「毎月保険料を支払う必要があるし、もったいない!」って感じる方もいるかもしれません。また、「まだ若いし、もう少し歳をとって病気するまでに、少しずつ貯蓄していけばいいや」って思われる方もいるかもしれませんね。でも、病気やケガは、若いとか歳をとったからとか関係なく、誰に起こるか予測することは出来ません。

現実的に考えると、出来る範囲で貯蓄を増やすことを基本としながら、足りない保障部分は、医療保険でカバーしておくのが、ベストな選択といえるかもしれません。もうひとつ考えておかなければいけないのは、一旦持病持ちなどになってしまうと、医療保険への加入が難しくなってしまうということ。加入出来たとしても、保険料は割高となってしまいます。それぞれの家庭の経済状況に合わせて、等身大の基本保障をおさえた終身型の医療保険に、ひとつ加入しておくと安心かもしれませんね♪

 

 私の「保険見直し無料相談サービス」での見直し体験談・口コミ公開中!

(サラリーマン40代・ファミリー世帯・子供5人)が、人気の保険見直し無料相談サービスで、ファイナンシャル・プランナー/FPに、保険の見直しを相談した時の内容の音声を公開中♪ 体験談・口コミとして保険の見直しのご参考にしてください!

「保険見直し無料相談サービス」見 直し体験談
矢印 矢印 矢印 矢印 矢印
保険見直し体験の音声




おすすめ 生命保険の比較

 おすすめ 生命保険の比較


 人気生命保険見直しサービスの比較・口コミ
 人気保険ショップの比較・口コミ
 おすすめ 医療保険の比較 ベスト3
 おすすめ 終身保険の比較 ベスト3
 おすすめ 定期保険の比較 ベスト3
 おすすめ 収入保障保険の比較 ベスト3
 おすすめ がん保険の比較 ベスト3
 おすすめ 学資保険の比較 ベスト3
 おすすめ 個人年金保険の比較 ベスト3
 おすすめ 就業不能保険の比較 ベスト3