60代・老後の生活への備えを考え直してみる機会を持とう!

矢印 実録!私の保険見直し体験公開♪
矢印 ご近所の人気保険ショップを簡単検索!
矢印 無料で保険のプロからアドバイスをもらう方法とは?
矢印 気軽に気になる複数の保険を比較する方法とは?
矢印 保険の悩みに答える!Q&A

60歳を過ぎて仕事も定年を迎えると、ライフスタイルも大きく変わります。高齢になると健康への不安が大きくなりますし、今後の自身の老後の生活への備えも必要となります。平均寿命も延びていますので、生命保険医療保険を一度見直して、老後の生活への備えを考え直してみる機会をもちたいものです。一般的に、今まで加入していた、万一の時の家族の生活を保障するための死亡保障は子供の独立、住宅ローンの返済完了などにより、必要となる保障額は減っていきます。状況に合わせて、保障を減らしても良いでしょう。逆に、医療保障は、健康状態への不安があったり、あまり貯蓄が無いという場合は、ある程度の保障プラスして準備する必要があるかもしれません。

 

60代・高齢になってからの保険の見直しポイント

 

高齢になると、医療費の自己負担割合なども変化してきます。保険を見直す前に、まずは、社会保障(健康保険、年金)で、どんな保障が得られるのかも、チェックしておきましょう! 医療費の自己負担額は、69歳までは同じく3割負担ですが、70歳を過ぎると2割負担、75歳以上になると1割負担と変ってきます。(※ 現役世代並みの所得がある場合は3割負担)勤務先の健康保険に加入されたいた方も、定年後は、任意継続被保険者となったり、国民健康保険に加入したり、家族の被保険者となったりと、様々だと思います。自身の老後の生活にどのくらいのお金が必要で、貯蓄や社会保障で得られるお金を差し引いて、不足はないか自身でしっかりと把握しておくことが大切です。それによって、保険の保障を軽減しても良いのか、逆に手厚くする必要があるのか、現在加入中の保険を見直しましょう。

高齢になっってから保険に新たに加入場合には、保険料は高くなってしまいます。また、持病をお持ちの方や、健康上の問題がある場合、保険に加入出来ないことや、保障が条件付きになってしまうこともありますので注意しましょう。持病をかかえていても加入出来る、引受基準緩和型の保険もあったりしますが、保険料は割高となってしまいます。加入中の保険の解約を考えるときは、無保険にならないように、慎重に検討しましょう♪ 状況や考え方は、それぞれの家庭で違うと思います。保険をうまく活用して、安心の老後生活を過ごせるように備えましょう♪

 

 私の「保険見直し無料相談サービス」での見直し体験談・口コミ公開中!

(サラリーマン40代・ファミリー世帯・子供5人)が、人気の保険見直し無料相談サービスで、ファイナンシャル・プランナー/FPに、保険の見直しを相談した時の内容の音声を公開中♪ 体験談・口コミとして保険の見直しのご参考にしてください!

「保険見直し無料相談サービス」見 直し体験談
矢印 矢印 矢印 矢印 矢印
保険見直し体験の音声




おすすめ 生命保険の比較

 おすすめ 生命保険の比較


 人気生命保険見直しサービスの比較・口コミ
 人気保険ショップの比較・口コミ
 おすすめ 医療保険の比較 ベスト3
 おすすめ 終身保険の比較 ベスト3
 おすすめ 定期保険の比較 ベスト3
 おすすめ 収入保障保険の比較 ベスト3
 おすすめ がん保険の比較 ベスト3
 おすすめ 学資保険の比較 ベスト3
 おすすめ 個人年金保険の比較 ベスト3
 おすすめ 就業不能保険の比較 ベスト3