死亡保障額を減らせるタイミングは3つ♪

矢印 実録!私の保険見直し体験公開♪
矢印 ご近所の人気保険ショップを簡単検索!
矢印 無料で保険のプロからアドバイスをもらう方法とは?
矢印 気軽に気になる複数の保険を比較する方法とは?
矢印 保険の悩みに答える!Q&A

家の大黒柱の夫の死亡保障。どの家庭でも、一つか二つは保険に加入していると思います。万一の時の家族の生活が困らないためにも、ある程度の備えは必要です。でも、複数の保険に加入して、必要以上の保障がついていたり…ライフステージの変化によって必要となる保障額が下がっていても、そのままの保障で保険を続けている場合は、無駄に保険料を支払ってしまってるかもしれません! 保険を見直して、保障を減らし、適正な保障の保険に切り替えることで、保険料を節約することが出来ます♪ 死亡保障を減らせるタイミングを知っていれば、無駄な保険料を払わなくて済みます♪

 

保険料の節約「死亡保障の減らし方」

 

ライフステージの中で、死亡保障額を減らせるタイミングは、主に三つです! 一つは住宅ローンを借りてマイホームを購入した時、二つ目は、子供が成人して独立した時、そして三つ目は、夫が定年を迎えて職場を退職した時です。

住宅ローンを借りると、ほとんどの場合は、団体信用生命保険(団信)に加入することになります。債務者である夫が万一亡くなった時や高度障害状態になると、住宅ローンが保険で清算されます。住宅ローンの支払いが無くなる分、死亡保障の保障額を減らしても構いません。

子供が成人して独立して就職すると、子供のための養育費や教育費はもう必要なくなります。その分だけ、死亡保障の保障額は必要なくなります。

夫が定年を迎えて職場を退職する頃には、子供も独立している家庭は多いでしょう。子供が独立した時に死亡保険を見直ししてない場合は、このタイミングで保障額を減らしましょう。今度は、今後の老後の生活に備えることに焦点を当てる必要があります。死亡保障よりも、自身の医療保障を充実させる保障プランにシフトしていくと良いでしょう。

実際に死亡保障を減らす方法としては、加入中の保険の必要のない特約を減額したり解約する方法と、加入中の保険は一旦解約し、新たに必要保障額・必要保障期間を満たせる保険に入りなおす方法があります。新たに死亡保険に加入する場合は、掛け捨てで保険料の安い定期保険収入保障保険を活用すると、保険料を抑えることが出来ます♪ 自身で判断が難しい場合は、保険に詳しいファイナンシャル・プランナー/FPさんに相談出来る、保険無料相談サービス保険ショップに相談することをおすすめします♪

 

 私の「保険見直し無料相談サービス」での見直し体験談・口コミ公開中!

(サラリーマン40代・ファミリー世帯・子供5人)が、人気の保険見直し無料相談サービスで、ファイナンシャル・プランナー/FPに、保険の見直しを相談した時の内容の音声を公開中♪ 体験談・口コミとして保険の見直しのご参考にしてください!

「保険見直し無料相談サービス」見 直し体験談
矢印 矢印 矢印 矢印 矢印
保険見直し体験の音声




おすすめ 生命保険の比較

 おすすめ 生命保険の比較


 人気生命保険見直しサービスの比較・口コミ
 人気保険ショップの比較・口コミ
 おすすめ 医療保険の比較 ベスト3
 おすすめ 終身保険の比較 ベスト3
 おすすめ 定期保険の比較 ベスト3
 おすすめ 収入保障保険の比較 ベスト3
 おすすめ がん保険の比較 ベスト3
 おすすめ 学資保険の比較 ベスト3
 おすすめ 個人年金保険の比較 ベスト3
 おすすめ 就業不能保険の比較 ベスト3